Angler's Do!
dofishing.exblog.jp

北海Do!より愛をこめて ~     略して『アラDo!』~我が敬愛すべき北海道の鱒と仲間たちのことを書こうと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
Links
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<cast-82> 宣男のロッドか?聖子のマイクか? ~ FFF2009④
念のために断っておくが、我々倶楽部メンバーには変わり者は多いことは事実だ。
しかし同性愛者はいないはずだ・・・苦笑

我々の倶楽部内において「野寺宣男」という男は「アイドル」ということになっている>引き気味
理由は簡単、我らが班長の好みなのである。確かにCNDのロッドを使用するメンバーは
多いし、スペイラインに至ってはGPS信者であったりする。
ちょいと補足すると、この状態は去年のFFFの前日のホテル裏のポイントで偶然出会った
野寺氏と班長が一緒に写った一枚の写真
から始まる。

それまでCNDというメーカーは知っていても、野寺宣男という名前までは知らなかった倶
楽部メンバーがほとんどだっただろう。
実際、出会ったときも栃木弁のキツい温和なオヤジさんだな~!?位の印象だった訳で…
その時撮った写真のことで、班長が年甲斐もなく余りにはしゃぐので何物なんだ?という
印象であったりしていた。
ところが翌日のダブルハンドスベイキャスティングのデモンストレーションを見学した時に、
その<栃木弁の温和なオヤジさん>が、<スベイキャスティングの神様>に見え出したの
だからそりゃもう「クリビツ、テンギョウ!!」
その年の初めからにっちもさっちも上達できないスペイキャスティングに閉口していた僕は、
開いた口が塞がらないほどの驚きを覚えることになった。
阿寒湖からの帰り道、自宅に帰り着く前に札幌のテムズに寄って、CNDのロッドを期待感
モリモリで注文したことを今でも覚えている。

という訳で、この野寺宣男というオジサンは我々の倶楽部では<アイドル>という評価が付く。

さてここで一旦話は今年のFFF初日の16日。
桟橋横にあるCNDの出展ブースに立ち寄った我々は、ある出物に目を奪われることになる。
ある出物とは、16’2” #7/8/9のソルスティス、しかも野寺氏が使用していた現物との
こと。しかも中古として出品されているので値段が破格だった。なんと2万円!
これは放っておく手はない。即座にターゲット・リサーチ。ピロロロ・・・・・! ロックオン!!
今回の購入者はo-samaとなりました。 早速、お買い上げの記念に一枚。
a0111917_9525381.jpg

見よ!この左右二人の笑みの綻び様を! 知命とその手前のオジサンがアイドルと一緒に
写真を撮ることに、何らの恥じらいの欠片も見せぬ無防備で満点の笑顔を!!
しかもロッドを収納する布袋にサインまで頂いた。
因みに班長はこの時にGPSラインを購入。そのラインを巻き取るプラスチックのケースにサ
インさせるという無謀な要求を押し当していたことを僕らは知っている>苦笑
a0111917_1001175.jpg


で、その日の『ぎんれい』でのお昼寝タイムのこと。 ふと思い付いたので口にしてみた。
「野寺さんは所詮オジサンであってどうしてそんなにはしゃぐのか?」
「そのロッドを手に入れたと騒ぐのは少々大袈裟ではないか」と…
なんの躊躇いもなく次の言葉を叩き込む。
「だって、宣男の使ったロッドと(松田)聖子の使ったマイク、どっちが欲しい?」と聞くと…

果たして答えはどっちであったのか?

もう一度断っておく。我々倶楽部には・・・!!!

※因みにo-samaはそのサイン付ロッドを恐れ多くもオークションに出品すると言って退けた。
 すぐに元は取れるだろうと・・・
 o-samaの名誉の為に書き加えておくと、その日の午後早速ヤイタイ島で実釣の結果がす
 こぶる良かったようで、手元に置き留めることになったらしい。めでたしめでたし!
[PR]
by kin-ame | 2009-05-19 10:11 | 倶楽部