Angler's Do!
dofishing.exblog.jp

北海Do!より愛をこめて ~     略して『アラDo!』~我が敬愛すべき北海道の鱒と仲間たちのことを書こうと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
Links
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:some others( 37 )
<cast-217> 結局は喉越しか!?(笑)
今年も札幌に祭りの季節がやってきた
a0111917_12571716.jpg

もっぱらギャラリーに徹することばかりだし、むしろ雪まつりと札幌市民の関係みたいな感じで
地元ではあるけれど、もう何年も行ってないんだよね…(汗) な感じであることは否めない。
a0111917_1257248.jpg

それでも街のあちこちで渾身の演舞を繰り広げる祭りは、観ていて時折心打つ。
音楽なのか、構成なのか…、何とも言い表せない鼓動が伝わってくる。

サッポロの短い夏を惜しむかのように、熱い魂たちが熱い夏にうねり寄せていた

そうだ! もうすぐビアガーデンの季節がやってくる。
今年もサッポロのクラッシック富良野ヴィンテージを豪快に飲みたいものだ(@^^)/~~~
[PR]
by kin-ame | 2013-06-10 13:09 | some others
<cast-215> Who am I ?
釣りプログでありたいと願うも内容が伴わないこのブログ(苦笑)
例によって今回も釣行とは無関係である訳で…^^;
a0111917_19255134.jpg

昨日、遅ればせながら末娘と映画「LES MISERABLES」を観た。

ヒュー・ジャクマンは「X-MEN」シリーズ以来だし、こども名作集で読んだ「ああ無情」から
かなりの年月が経っていたけれど、その作品の完成度と迫力に圧巻されてしまっていた。
a0111917_19263223.jpg

涙、涙の連続であった訳だけれども、それは決して不遇な主人公や悲運な親子に涙した訳ではなく、
映画…、いや物語から投げかけられくる強いメッセージに反応した涙であった気がしていた。
a0111917_19272393.jpg


Who am I ?

もはやその言葉に説明は必要なく、
子供のころに読んだ物語からは感じることができなかったけれども、
あれから三十余年経って、これまでの経験を通して同じ作品に触れた心に届いたものは、
これからの人生に少なからず影響するものになったのだと感じずにはいられない。
[PR]
by kin-ame | 2013-03-31 19:44 | some others
<cast-203> トンネルの向こう側
東への高速道路が「本当」につながると知ったのは、確か15年以上前のことだったと思う。

親父の運転する三菱のデボネアの助手席に乗って、まだ砂利道だらけだった日勝峠を
越えたのが、栄光幼稚園か栄西小学校の頃だった。
あれからほぼ40年経っていた。

気付けば随分と背負うものが増えている。
a0111917_12542084.jpg

8つのトンネル…。
やっとの思いでつながった夕張⇔占冠の高速道路は、8つのトンネルで結ばれていた。
きっと区間距離の半分以上がトンネルではないかと思われる程だ。
真新しいトンネルの壁面は未だ新しく、気持ち良く、走り抜けることができた。
a0111917_12542938.jpg

人生半ばにして迷走中の僕は、古道の真暗なトンネルから抜け出せずにいる訳で、
同じく人生半ばにして縁を頂いた「釣り」と「仲間」に教えを請いながら、
「新たな目標」に向けて一つひとつ歩みを進めることしか出来ない。

トンネルの向こう側が、快晴なのか、曇天なのか、雪なのか…。 未だ知り得ず。
[PR]
by kin-ame | 2011-11-07 13:23 | some others
<cast-201> それでも雨鱒は、潜んでいるに違いない
今年の大水は度が過ぎていたようだ。
バンク上に立つと、自らの背より高い位置に川ゴミが枝に付着していたりする。
a0111917_12522322.jpg

通常の流量の10倍以上もの水が出たのだろう。
それに伴う水の力は想像を絶するものだったに違いない。東北のそれほどではないが…。
a0111917_125231100.jpg

いつも大鱒をあげるAngler達が好んで立ち込んでいた岬も崩壊していた。
去年の壁(バンク)から1~3mは浸食されているのだから、
近年名高いポイントはいつものようには攻めきれる訳がない。
a0111917_12523814.jpg

左岸側にも爪痕ははっきりと残っていた。

彼方此方を観て廻っているうちに、春先とは大きく変わってしまったポイントに嘆くよりも
長い間には、こんなことは間々あることなんだなと思うようになっていた。
或る意味、無駄な事なんてないのだから…。

暫くの間は、昼間はポイント探しになりそうだ。
別の楽しみが増えていることに気がついた。
[PR]
by kin-ame | 2011-11-04 13:10 | some others
<cast-197> たばこ止めないの
よくよく考えてみると、こんなに釣れない年もなかなか無いのではないだろうか。

勿論、自身の腕によるところが大きいのだが、天候や生活環境などの如何ともし難い理由が
追い打ちを掛けてくる。
a0111917_15481387.jpg

悶絶しながら日本海へ漁獲しに行ったりもするのだが、そんなに甘いものではないらしい。
a0111917_15482190.jpg

時折聞こえてくる鱒の釣果に右往左往しないで、
まるで自分の事にように喜べるようになるにはあと何年掛るのだろう。

今日も夜の帳が降りてきて…、

なんだか最近、また煙草を吸いたくなっていて困っている…。

こう、なんだかな~、満足のいく一鱒の後に、最高級の葉巻をこうやって…。
[PR]
by kin-ame | 2011-10-11 16:04 | some others
<cast-194> 蒼く果てしなき水平線に何を想う
先週の釣果に満足しきれぬヘボ釣り師は、仲間を唆しつつ再びオホーツクへ…。
a0111917_1613482.jpg

一人で向かった先週とは異なり、例によってバカ話で盛り上がる道中3人旅は、
超強行軍なスケジュールを十分に緩和させてくれていた。
a0111917_16131747.jpg

イクラな彼女と威風堂々な彼、そして初心者な新人君の為のメモリアルな1匹を
キープさせていただいて、先週のリベンジな旅はお終いと相成った。
a0111917_16132791.jpg

今年もまたオホーツクな海は、荒ぶココロに一時の安らぎをもたらしてくれていた。

これでやっと本流に戻れ鱒!!

全てに感謝
[PR]
by kin-ame | 2011-08-22 16:28 | some others
<cast-184> 北海道神宮例大祭 ~ さっぽろまつり
今月の15~16日に、ご縁をいただいて初めて「さっぽろまつり」の山車(だし)の
お手伝いをすることに…。
ながく札幌に住んでいたが、「さっぽろまつり」がこんなことになっているとはつい知らず。
a0111917_13362941.jpg

実は札幌市内が三十有余の地区に分かれていて、昔は多くの地区で山車を所有していた。
これらの山車を所有維持するには、多くの人出と経費が必要となる。
a0111917_13363883.jpg

コミュニティの崩壊が原因とは信じたくないが、現在残っている山車は「8つ」。
その8つも「いつまで維持できるか…」と山車部長が嘆く…。
a0111917_13364617.jpg

「ピーヒャラ♪ピーヒャラ♪ピーヒャララ♪」
「テンテケ♪テンテケ♪テンテテテ♪」「トントン♪トトトン♪トン♪トトト♪」
笛と太鼓の軽快な音色に、街が俄かにざわめきたっていく。



今ではこんな遊びを観ることも少なくなってしまった芸者衆の艶やかな踊り。


a0111917_13365331.jpg

自身にとって、北の大地に継ぐべき文化として改めて札幌の魅力を知る2日間となっていた。
[PR]
by kin-ame | 2011-06-29 14:01 | some others
<cast-172> In a person becoming the habit
これを誰に観ていただくべきか、迷った挙句にこの場を選ぶことにする。



春の河原で「ぴいちく」さえずる雲雀も和むが…、
無邪気に「た」のみで会話する『これ』も代え難い。

余りに釣りに行けぬ日々が続くものだから、ブログの主旨が変化しつつあって…。
これも震災の影響なのか!?
[PR]
by kin-ame | 2011-04-14 08:38 | some others
<cast-171> Terrible earthquake cloud
youtubeを良く観るようになって、こんなもの見つけてしまった。



これはこれで怖いこと。

『鱒雲』とか言っちゃって、80以上の大物が現れると電磁波的にどうにかなっちゃって
川面が動くとか、ガイガーカウンターみたいにピリピリって判ればいいのに…、と無理矢理
に釣りブログっぽく書き添えることが、せめてものAnglerとしての抵抗だったりする…。 


えっ? それは魚探だろって。。。 それを言っちゃお終いよ~>恥
[PR]
by kin-ame | 2011-04-12 17:18 | some others
<cast-170> by words of the magic ②
ACの「魔法の言葉で~♪」を追いかけていたら結構多くの派生が創造されていることを知る。
そんな数々の作品を、僕は決して不謹慎だとは思わない。
むしろより多くの皆さんに見てほしい訳で…。



「twitter」や「facebook」の拡散力をますます感じるきっかけとなっていた。

「TVのリーチ力とTwitterの伝播力をもっと有効活用することができれば、きっと震災なんか
にも負けない、明るい未来を築いていくことができると改めて再認識させられるよいきっかけ
を与えられた気がしました。」と、このページをとりまとめられた方も言っていた。
他にも派生バージョンは大盛りテンコ盛りです。気になる方はお好きなだけどうぞ!
[PR]
by kin-ame | 2011-04-04 13:14 | some others