Angler's Do!
dofishing.exblog.jp

北海Do!より愛をこめて ~     略して『アラDo!』~我が敬愛すべき北海道の鱒と仲間たちのことを書こうと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
Links
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
<cast-113> チョット良いことがあった夜には・・・
きっとこの話は、我らが班長が釣行の旅にシングルモルトをこよなく愛すことから端を発していた
に違いない・・・

たまたま住んでいるのが銀座の隣だったりするので、眠れぬ夜には夜の銀座を散歩したりする。
いつもはどの店にもお呼ばれすることなく、縦へ横へと通りを彷徨うばかりだが、昨日の夜ばかり
は違っていた・・・

中央区銀座5丁目、ソニービルの裏の辺り、ほんとうに寂れたビルの4階・・・、BAR SUZUKI
創業1967というから、僕の一つ下の弟ということになる。ちょっと親近感。
初めて来たのは、僕が22歳の頃のこと。その後もたまに顔を出す程度でしかなく、この前寄った
時から数えてほぼ10年近く経っていることになる。

何の気なしに店に入り、カウンターに滑り込む。
いつものようにMacallan12thをロックで頼む・・・はずだった。
バーテンダーが一言添えてくれる。「ちょっと変わった17年もののdistilleryがありますよ。」
茶色い水に余り縁のない僕は促されるままに同意する。
微かに残る昨夜の記憶によると、Macallanから別の会社が樽ごと買ってボトリングした代物らしい。

a0111917_9522222.gif


ラベルには「SPEYMALT from Macallan」とある・・・、んっ?SPEY?SPAYって・・・?!
バーテンダーにさり気に聞いてみる。「SPEYって、あの釣りのSPAYのこと?」
「そうですよ!ご存知なんですか?」 もはや会話を妨げるものはない。

グラスを空けた頃に、さり気なく次のボトルを勧められる。
「先ほどのボトルより少し若いですが、SPAYつながりということで・・・」

あっという間の30分だった。店を出る頃には既に一日釣り歩いた後のような満足感に浸っていた。

きっと、幸せだった・・・。

Macallan自体がSPAYと同じ郷の出だとは知らなかったし、スコットランドのSPAYSIDEにまつわ
る数えきれない程の「シングルモルトとFRYの話」はとても素敵な物語として継がれているらしい。

どうやら僕も、少しシングルモルトに興味が湧いてきたらしい・・・
[PR]
by kin-ame | 2009-09-29 10:10 | Spayfishing
<cast-112> 我が相棒の経験値③
大きく見込みがずれ込んでしまったが、この度めでたく我が相棒たる彼が節目を迎えた。
9月26日、麻生の辺りだった、実に感慨深い・・・。
「77,777㎞」とひと口に言うが、例えば「777,777㎞」はきっと出逢えない経験値だろう
から「7」という数値を尊重すれば、これが最後のフィーバー値ということになる。
a0111917_895533.gif

彼とは長い付き合いをしたいと思う。
この危機に接してもなんとか付き合えているのも何かの縁だろう。
とは言っても、今では離れ離れになってしまっているので、彼に乗るのは連休を見つけて
は里帰りする釣行くらいなものになってしまっているのだが・・・
[PR]
by kin-ame | 2009-09-28 08:21 |  ※旅の相棒
<cast-111> 何が起こるか判らない・・・
今回の釣行は2泊3日の予定で、ワイワイガヤガヤの移動を楽しみに、ランクルの荷台にに4人の
荷物を積み込んで、9月20日午前1時に出発した。

最初に着いたのは、太平洋側有名河川の河口付近。数日前から山間部に降った雨の影響で増水
レベルがMAXになっていた。鱒の気配を感じることができなくて、同河川上流部へ・・・。
中上流部では、河口で想いを遂げられないたくさんのAngler達が河原を行ったり来たり・・・、
鱒の印象が薄いせいもあって、結局ロッドも出さずに車を十勝川へと向けた。

しかし十勝川も増水中。下流部分は勿論のこと、観光目的で寄った千代田堰堤でも怒涛の落水
をみればこの川のコンディションが良くないことは承知できた。

最後の頼みで上中流域の河川合流地点へ。小振りではあるが虹鱒を堪能することとなった。
a0111917_13535444.jpg


そう言えばデジカメを買い換えていた。前から仲間のデジカメを見るにつけ、ブログでそんな記事を
読むにつけ、購買意欲は刺激されていた。
デジカメの性能は、ブログを運営する上で必要な機能が揃っていることは痛いほどよく判っていたの
で、店頭での選択には余り困らなかった。
で、新調したデジカメで最初の水中ショットがこちら・・・
a0111917_1354931.jpg

とても良いカットとは言えないが、カメラを水に浸す時に必要だった勇気の大きさは文章では伝えき
ることはできないだろう・・・。でもそれを体験したことがあるAnglerは多いはず。 
因みに僕はO型・・・関係ないようである話。

冗談のようで本当のお話を一つ。
二日目の昼過ぎに、ふと次のポイントでの釣果次第で賭けをしようということになった。
細かな経緯はさておいて・・・
一人釣れた時点で、もう一泊帯広泊、
二人釣れた時点で、平和園で焼肉パーティー、
三人釣れた時点で、ボウズの一人がALLゴチということで・・・
四人釣れた時点で、そりゃもうお楽しみタイムということで・・・
全員ボウズなら、札幌ススキノで反省会・・・ ということになりました。
車中では必要以上に盛り上がる癖がある『梅鱒班』。後先考えずに合意の狼煙が上がります。

で着いたのが、十勝川と美生川の合流地点。美生川ではよせば良いのに土木工事の真っ最中。
川は真っ茶色、しかしそんな言い訳は通用しません。
この旅で始めて握ったツーハンドのスペイロッドからラインを気持ち良く送り出します。
流石に本流でのスウィングな釣りはココロを豊かにしてくれます。何度も何度もキャストを繰り返し、
暫く振っていなかったフォームをチェックしながら、微妙にポイントを移動します。
あっという間の午後5時半。
もはやその男達に言葉は要りません。手早く道具をランクル荷台に仕舞います。
着いた先は・・・、そうススキノのジンギスカン屋さん。午後10時過ぎに移動で疲れた体に喝を入れ
ながらの反省会です。

2泊3日の釣行予定だったのに、結果として1泊2日の釣行となってしまいました・・・とさ!オシマイ。
[PR]
by kin-ame | 2009-09-22 14:25 | Flyfishing
<cast-110> 新シリーズな予感・・・
男子、集まれば必要になるものが幾つかある。

一つ、『旅』。
何と言っても旅だ。旅は普段知らずに溜めてしまったココロの垢を、笑いと共に吐き出させて
くれる。しかも単に吐き出して楽にさせてくれるだけではない。
旅がステキなところは、その空いたココロのスペースに、ほんの少しの「勇気」と「夢」を詰め込
んでくれる。 
これがないと、もはや生きていけない歳廻りになってきた。

一つ、『夢』。
夢は前へ進む推進力だ。夢は決して後戻りはさせてくれない。遠回りは出来るけれど・・・。
どんな時でも男子には必要なものに違いない。特に今の僕はこれがなけりゃ何も始められない。
念じれば・・・とよく言うが、釣行中に念じる僕の夢は実現することが少ない>苦笑

一つ、『記憶』。
あながち忘れてしまいがちな記憶。 都合の良いことも、悪いことも・・・。
「人は忘れることで生きていける」と・・・。
でも「記憶することで、より意義在る人生にすることもできる」と僕は信じている。
記憶がもたらせてくれるステキな出来事は多い。時に残酷なこともだけど・・・。
言ってみれば、感謝することだって『記憶』の一部ではないかと考えていたりする。
記憶・・・、男子には時々郷愁が必要となる。避けられぬ孤高と闘うためにも・・・。
  ※Yさん!この辺の解釈ってどうなんですかね?今度お会いした時に聞いてみよっと!

一つ、『酒と女』。
在り来たりな話だけれども欠かせない。因みに、最近では至って酒にも女にも弱くなってしま
って、呑めば誰よりも先に眠たくなってしまうし、女だって若けりゃいいってものでもなくなって
しまっている。欠かせないというよりは、大切なものとなってきているからだろう・・・。

一つ、『宝物』。
家族であったり、友であったり、拘りであったり、男子であれば有形無形問わずに抱えきれな
いほどあるはずのもの。時に他人からみればただのクズであったりするものなのかもしれな
いが、ときめいている男子は常にそんなステキなものを持っている。
このセクションは余り詳しく書くのは実に照れるので割愛。

で・・・やっと本題、『宝の地図』だ。
a0111917_12583565.jpg

今回、偶然に帯広で泊まったビジネスホテルの駐車場の管理人のオッチャンが教えてくれた
ポイント。
特にこの『宝の地図』を解き明かすための「鍵」をブログ内に残したりはしないが、この地図を
みてピンとくるAnglerは多くはないはず。それとも多いのかっ??
残念ながら期待していたほどのビッグチャンスには恵まれなかったが、今後通ってみたい
ポイントに加えることになりそうだ。


※この『男子に必要なもの』シリーズは続けてみたい気がしています・・・
[PR]
by kin-ame | 2009-09-22 13:49 | Flyfishing
<cast-109> 期待していた通りに・・・?!
最初に明らかにしておきたい>笑
この男、本当に『チン(沈)』するのが趣味なのかもしれない・・・、違いない。

実は『チン』自体は命に関わるトラブルなので笑って済まされるような『出来事』としては
取り扱うべきではない。
実際この後に『o-sama』は、『班長』から大目玉を喰らうことになる。

でもこの男、本当によく『沈む』>笑不止
a0111917_12282837.jpg

で、天気も良いので濡れた衣服を乾かしながらはにかむ『o-sama』の図。

今回の現場は、十勝川と佐幌川の出合い。
前夜に山間部で降ったであろう多めの雨によって、随分と水嵩が増していた。
そのズンと重く見かけ以上に早い流れは、川底の岩と共に『o-sama』の足場をいとも
簡単に崩してしまったらしい。あっというまに胸の高さにまで沈んでしまうことになる。
立ち込んだポイントが出合いだったということも誘発の一因だろう。
変わりやすい渓相は、彼が何度も通っているこのポイントでさえも『勘』を狂わせてしまう。

幸い『コンちゃん』が近くに居合わせていたので救いの手を差し伸べ、事無きを得たらしい。
俗に言う『命の恩人』だ。
しかし、『コンちゃん』が手を差し出してくれているにも関わらず、『俺の事はいいから・・・』と
死の淵に居ても尚、気を使った明言を残す。
この一節をおちょくって、その夜の帯広ナイトが大いに盛り上がったことは言うまでもない。

因みにこの男、普段は渓相によく馴染み、時に70オーバーの相手と#3ロッドで格闘する
程のナイスガイなのに・・・ よく沈む>苦笑
a0111917_12275662.jpg


いつまでも一緒に釣旅をしていたい大切な友である・・・。なのにこの男、よく『沈む』>呆
[PR]
by kin-ame | 2009-09-22 12:56 |  ※『o-sama』
<cast-108> 期待せずにはいられない
きっと・・・来るシルバーウィークとやらの間に『幸運』に恵まれるAnglerは多いことだろう。
それは、必ずしも目指すべき70㎝超の大物に巡り合える本望だけとは限らない。

だって・・・全てのAnglerの目指すべきものが一匹の大物だけとは限らないから・・・。

そう・・・僕らは目指すものが個人によって多岐に渡っているにも関わらず、何故かしら
同時に居合わせることが苦痛ではなかったりしている。
油鰭が付いていることが前提とはなるが、海であろうと、湖であろうと、本流であろうと、
時には末端の枝川であろうと・・・  釣りであっても、キャンプであっても、酒盛りであっても・・・
誤解を恐れずに言い退けると、例えその釣行で『ボウズ』だとしても苦痛ではなかったりする。

そう、このひとコマが朝陽であろうと、夕陽であろうと、そう変わらない程度に・・・
a0111917_20143835.gif


全てのAnglerが、全国方々のポイントで、納得のいく瞬間に出逢えることを祈りつつ・・・
さしあたって・・・僕は久々に落ち合う仲間たちとの時間を堪能したいと思っていたりする。

相変わらずの自身の悪行について「班長」に叱っていただきたいと・・・
新しく誕生した釣行コンダクター「o-sama」の気概を受け止めたいと・・・
社会の悲哀を少しでも感じて根性入れ替えたであろう「コンちゃん」の意気込みを・・・
本意ではないが苦労をかける「エチさん」の明るい明日のためにも・・・
新しく加わった「ひらっち」に本会の歴史としきたりを面白可笑しく伝えるためにも・・・

久々の釣行は、十勝平野に感謝しつつ、敬愛する仲間たちに思いの丈をぶつけたい。
そう!・・・・・・誰よりも早く、大物を僕が釣りたいと・・・>本音
[PR]
by kin-ame | 2009-09-16 20:39 | Flyfishing
<cast-107> 素敵な奇跡の出逢い方
シルバーウィークと言うらしい・・・今度の5連休のこと。
久々に自宅で過ごした先週末、偶然観ていたテレビ番組でその連休の過ごし方を紹介していた
アナウンサーが「奇跡の5連休」と絶賛していた。
連休と連休の間に平日が1日ある場合は、その平日を「国民の休日」とする法律が施行されて
いたらしく、それに則って実施して前に土日を加えると5連休になるらしい。
a0111917_19473787.gif

至って「軟派」な休日だ。いつからこの国は土曜の半ドンなんて甘酸っぱい習慣を捨て去ったり、
アホな国会議員がやたらと休日を増やしたがる国に成り下がってしまったのだろう。
思い返せば、スーパーマーケットの正月元旦営業が「常識」になったのは何年前からだったろう?
勤勉勤労が取り柄で、真似て取り込むことが得意な国、ニッポン。
A.アインシュタインが「世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。 それにはアジアの高峰、
日本に立ち戻らねばならない。 われわれは神に感謝する。 われわれに日本という尊い国をつくっ
ておいてくれたことを。」とまで評した誇り高き国、ニッポン。
・・・と、ここまではうるさ型オヤジの独り言。
a0111917_19475117.gif

でもせっかくの休みだし、行っちゃう?行くしかない?越えるべき?みんな誘って振っちゃおうか?
みんなで爆笑しながら峠を越えれば、みんなで辛抱強くキャストを繰り返せば、そしてほんの少し
のLUCKYに恵まれさえすれば・・・。
きっと奇跡はそんな稀な出来事のことではないはず。
きっと奇跡は実は呼び寄せることができるはず。
僕らが楽しげに笑い転げてさえいれば、奇跡は僕らに興味を持って近づいてくるに違いない。
あとは僕ら自身が奇跡を楽しめさえすればいい。

あの重い流れの底の底、きっとその一尾は淡々と狙っているに違いない。
僕らはその少し上流の狙ったポイントにフライをターンオーバーさせさえすれば・・・

この5連休の内にその奇跡は、意外と素直に「自慢のフライ」に合わせてくれるのかもしれない。
[PR]
by kin-ame | 2009-09-10 20:29 | Flyfishing
<cast-106> そろそろ『シムラ君』も旅がしたいとせがむもので・・・
秋だ!
もう秋なのか、とうの昔に秋なのか、その辺のことはよく判らないが・・・秋だ。
暫くブログを更新しないうちに色々な事が変わっていた。。。

まず季節、前述の通りに季節は秋になっていた。
季節は巡るものらしいけれど、今年の不順な夏の天気は僕らを愚弄した。その分だけ
今年のシーズン中に良いことが待っているならまだしも、自然はそれほど甘くはない。
いつこの貯金を返してくれるのか、はたまた既に貯金は使ってしまっているのか??
巡る季節の「貸借対照表」や「損益計算書」だって教科書通りにはいくはずもない>苦笑

次に、政権が変わっていた。
民主党がどうのこうの、宇宙人だの、そんなことはどうでもいいことだが、大きく変わって
いたことには違いない。つまりは今後の日本が心配だ。
大衆が知らしめられた程に明るい未来が待っている訳でないことに気付くには、そう時間
は掛からないことと思う。世界的にも洗脳されやすい国民の一人として恥ずかしく思う一面
でもあるが、しかしその一方で宇宙的にその現状に折り合わすことが上手な国民の一人
としては、その憂いは少なかったりする。
むしろ後戻りが出来なくなったその時に、何が起きるのかを早く知りたいと思う。

僕の居住地も変わっている。東京、詳しく言えば築地だが、この大いなる大地『北海道』の
住人ではなくなっている。ほぼ13年振りの東京暮らしは、優しかった。>注
改めて東京の夜空の下で自身等を見つめ直すには時間があり過ぎて、不器用ながらも夜
な夜なタイイング漬けになるのも一興かと考えていたりする。
渋谷のサンスイに通って品定めをするのは良いが、釣りに出掛ける予定もないのに釣具屋
に通う様は、まるで「外タレのフィルムコンサート」に出掛けるようなものだ。実に味気ない。

暫く釣りに出掛けていない間にポイント等も秋の釣りになってしまっているらしい。
うだるような暑さの中の河原を行ったり来たりする北海道の短い夏の釣りは鳴りを潜めて、
あの太平洋側有名河川に再び人が集中し出す頃合らしい。
とは言え、この時期は天気予報の台風情報とのにらめっこになりそうではあるが・・・
湖だってそうだろう。水温が落ち着きだすにはまだ暫く掛かるだろうが、湖によっては水温
が低いインレット周辺に集まるべき輩が集まりだしているに違いない。
a0111917_17375182.jpg


嗚呼、こんなことを書き連ねていたら「釣り」に行きたくなってしまう。
そろそろ仲間たちにお誘いのメールでも流してみるとするか・・・班長!釣られてますよっ!
[PR]
by kin-ame | 2009-09-04 18:24 | Flyfishing