Angler's Do!
dofishing.exblog.jp

北海Do!より愛をこめて ~     略して『アラDo!』~我が敬愛すべき北海道の鱒と仲間たちのことを書こうと思います。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
Links
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
<cast-175> Buono!Buono!
昼過ぎから『プレ牡蠣宴』を開始させた僕らは、午後3時には転寝を始める始末…。
こんな姿を釣りの神様に見られたら、そりゃ大変なコトになるに違いない…>納得
a0111917_11312297.jpg

午後5時に『モソモソ』と起き出したオヤジ達は、小さめの浴場で順に身を清めてから
いよいよ『牡蠣宴』へとなだれ込む。
生牡蠣、焼き牡蠣、カキフライ…、ベーコン巻き牡蠣、牡蠣鍋、アサリのワイン蒸し、
ホテルの主が「今年の初物の時不知だから」と言ってお膳に上物を並べていく。
早速にも箸をつけては歓声があがる。「美味いっ!!」そりゃお酒もすすむ訳で…。
余りに盛り上がるものだから、外で荒れ狂う雨風なんて気になる訳も無く…。
a0111917_11313480.jpg

翌朝はゆっくり起きて、Anglerとしてはあり得ないホテルでの朝食にありつく。
空には薄らと晴れ間も見えてくる。
「もしかして振れるんじゃないの?」と一番腰の重い僕が、珍しくやる気をみせた
ものだから皆も渋々準備に取り掛かる。
結果は…、あり得ない程の増水と珈琲牛乳並の濁り、立ちつくせんばかりの強風、
皆に詫びる間もなく『すごすご』と宿へととって帰すこととなる。
どうやら釣りの神様に咎められてしまったようだ…>反省
a0111917_1131422.jpg

再び厚岸を出る頃には快晴となり、むしろ暑いくらいの回復ぶり。
消化不良な不良Anglerな僕たちは、管釣を探すもオープン前。
切り替えの早い不良Angler達は、とっととグルメリポーターへと変貌する。

意味のない年功序列を良いことに、一番若いAnglerに禁酒令を発令して白糠の
『はまなす』になだれ込む。
午後12時半からたっぷり2時間、ワインと酪恵舎のチーズやラムステーキとニョッキ、
ほぼイタリアンなシエスタ状態。

それもまたアリかと道東道で車に揺られながらふと考えてみたりする。
それでも懲りないオヤジ達…。
[PR]
by kin-ame | 2011-04-30 12:07 | other pleasure
<cast-174> 風と雨と牡蠣と乾酪と…
a0111917_1122827.jpg

今年は随分と遅めの到着となった。
釧路町の吉野家で「朝朝飯」を済ませて、昆布森を抜ける頃には午前5時は過ぎていた。
残念ながら去年から国道沿いの駐車スペースには制限が出来ていた。
ちょっと離れたところで肩身を狭くしながら「モシャモシャ」と身支度を進める。
変わることのない週間天気予報の傘マークをながめながら雨風の覚悟は出来ていた。
岬の先まで一気に線路に沿って枕木を渡り歩く。
いつもならそろそろ一番電車がやってくる頃。
a0111917_112391.jpg

一番雨鱒は早々にやってきた。サイズに物足りなさは残るものの、
牡蠣川での「ズーボーヒーカイ」は今夜の宴に大きく響くことには違いない>苦笑
仲間の竿も順調に曲がるものの「快心の一鱒」には出逢えない。
ネット上で観る優れたAngler達のようにはなかなか振舞わせては貰えない。
a0111917_1124988.jpg

こんなに遠くまでやって来ているのに昼過ぎには納竿となった。
それは、十分に釣れた訳でもなく、寒いからでもなく…、
余りに魅惑な宴が待っているからであって…。

その夜と翌朝の厚岸漁協直売部で牡蠣を堪能した僕の顔は、まるで岬の先で80オーバーの
雨鱒を釣り上げた時の恍惚とした『ドヤ顔』だったに違いない。

嗚呼、釣りブログを名乗る自信が薄れゆく…>無念っ>汗!
[PR]
by kin-ame | 2011-04-30 11:28 | other pleasure
<cast-173> Withdrawal symptoms


ふっ…と、釣りに出掛けたくなるこの感じ…。 
どんな彼女(鱒)と出逢えるのか妄想しながら峠を越えるこの感じ…。

いよいよ末期症状のようだ。
[PR]
by kin-ame | 2011-04-16 17:40 | other pleasure
<cast-172> In a person becoming the habit
これを誰に観ていただくべきか、迷った挙句にこの場を選ぶことにする。



春の河原で「ぴいちく」さえずる雲雀も和むが…、
無邪気に「た」のみで会話する『これ』も代え難い。

余りに釣りに行けぬ日々が続くものだから、ブログの主旨が変化しつつあって…。
これも震災の影響なのか!?
[PR]
by kin-ame | 2011-04-14 08:38 | some others
<cast-171> Terrible earthquake cloud
youtubeを良く観るようになって、こんなもの見つけてしまった。



これはこれで怖いこと。

『鱒雲』とか言っちゃって、80以上の大物が現れると電磁波的にどうにかなっちゃって
川面が動くとか、ガイガーカウンターみたいにピリピリって判ればいいのに…、と無理矢理
に釣りブログっぽく書き添えることが、せめてものAnglerとしての抵抗だったりする…。 


えっ? それは魚探だろって。。。 それを言っちゃお終いよ~>恥
[PR]
by kin-ame | 2011-04-12 17:18 | some others
<cast-170> by words of the magic ②
ACの「魔法の言葉で~♪」を追いかけていたら結構多くの派生が創造されていることを知る。
そんな数々の作品を、僕は決して不謹慎だとは思わない。
むしろより多くの皆さんに見てほしい訳で…。



「twitter」や「facebook」の拡散力をますます感じるきっかけとなっていた。

「TVのリーチ力とTwitterの伝播力をもっと有効活用することができれば、きっと震災なんか
にも負けない、明るい未来を築いていくことができると改めて再認識させられるよいきっかけ
を与えられた気がしました。」と、このページをとりまとめられた方も言っていた。
他にも派生バージョンは大盛りテンコ盛りです。気になる方はお好きなだけどうぞ!
[PR]
by kin-ame | 2011-04-04 13:14 | some others