Angler's Do!
dofishing.exblog.jp

北海Do!より愛をこめて ~     略して『アラDo!』~我が敬愛すべき北海道の鱒と仲間たちのことを書こうと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
Links
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<cast-178> Thank you ! Mitsuyo , Fight ! Mitsuyo
実は今年のGW阿寒湖釣行は、娘と一緒に参加したのである。
今年早々に浪人を決め込んで、彼女なりに来春への準備を進める姿を見守っているうちに
恐る恐る(笑)誘ってみると、その答えは意外にも即答だった。
a0111917_11393100.jpg

5/2に末娘の誕生日パーティーを済ませて、その夜に自宅をスタート。
車中の会話も尽きぬこと無く、3日の午前6時過ぎには阿寒湖に着いていた。
a0111917_11384787.jpg

ボートの準備を済ませて、2人分の装備品を整えて、「さぁ!出航!」って頃には、凍て
つく寒さと、風を伴う波しぶきに、さぞや「とんだ旅に付き合わされたものだ…」と腐って
いたことだろう。
a0111917_11391140.jpg

実際のところ1日目も2日目も生まれて初めてのルアーフィッシングで、うんともすんとも
手応えがないロッドの先に、この先一年の受難さえ予感していたのかもしれない。
そりゃ、父親としては焦るばかりでナニしてやれる訳でもなく…>苦笑
せめても父親のフライロッドに掛った『場を読まぬ鱒達の後始末』を手伝わせるのが関の山。
a0111917_11392278.jpg

それでも共に参加した釣り仲間の応援宜しく、3日目にはヤイタイ島の沖目で爆釣体験へ
辿りつくことになるのである。
彼女のドヤ顔をカメラに収めながら、やっぱり彼女は「もってる」んだなと確信して親バカ
振りを発揮する。
a0111917_11395221.jpg

一番恐れていた「スーパーエキセントリック民宿ぎんれい」の洗礼も、必要以上に盛られる
アイヌ葱ジンギスカンにも、時にもよおす野外放尿さえも無難に乗り越える我が愛娘をみて、
どんな寒さも吹っ飛ばす心安らぐひと時であったことは間違いない。
a0111917_1140264.jpg

そんな彼女もまもなく19歳。 あと幾つの想い出を残せることやら…。
愚親の底知れぬ心配は尽きぬ訳で…。ただただ彼女の幸せを祈るばかり。
[PR]
by kin-ame | 2011-05-12 12:07 | other pleasure