Angler's Do!
dofishing.exblog.jp

北海Do!より愛をこめて ~     略して『アラDo!』~我が敬愛すべき北海道の鱒と仲間たちのことを書こうと思います。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
Links
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<cast-198> 色即是空
それは、正にH氏の予言通りだった。

随分昔に、夜な夜な銀座の東京羊羹の前で店を構え続ける占い師に世話になっていた。
その妙齢の占い師にだって、そこまでズバリ的確に言い当てたことはないと記憶している。

a0111917_16593025.jpg

まだ新車の匂いが残るo-samaのご機嫌なクルーザーに滑り込んだのが午前5時…。
道中は相変わらずのバカ話で盛り上がる。 あっという間に餅米の里へ到着。

見事なまでに本流とのツートーンなフィールドは、2つの瀬を越えてみたものの、
ただ憮然と沈黙を守るだけだった。
既に何組かは入っていたであろうこれらの瀬は不発に終わる。

一汗、二汗かいた辺りで携帯のメール音、どうやらH氏は随分と調子がいいらしい。
仕事で札幌に居残っている「半丁」達にとってみれば、メールに添付されている艶やかな写真
を観て、さぞ悶絶な刺激・苦行であったことと察して止まない。
勿論、僕らにとれば絶好調な釣果報告は、ポイント替えの十分な動機付けになっていた。
辛うじて僕らの立ち込むスペースも空いているとのこと。 そそくさと移動を開始する。
a0111917_16594283.jpg

一通りのレクチャーを受けて、そろそろマズメも良い頃合いだと晴れ渡る空を眺めながら
和んでいると、鱒が葱を背負ってやってきた!

H氏のアドバイス通りに流して、あの辺りでアタるからと指定した波間で、ドン!

そこから何が起こったのか、起きているのかを堕落気味の脳みその引き出しに分類し終わる
までには、必要以上に時間がかかってしまっていたのかもしれない。

気付けばシーズンの終盤にしては、体高が十分過ぎるサイズの闘士だった。
しかし、Z-Axis #10ではパワーオーバーな感じが否めない。もったいない…。

どうやら僕は…、
もう少し大きな闘士とまみえたいと独り善がりな妄想癖が先走ってしまっているようだ。

さてさて、来週は寒いのかな…。
[PR]
by kin-ame | 2011-10-17 17:54 | Spayfishing