Angler's Do!
dofishing.exblog.jp

北海Do!より愛をこめて ~     略して『アラDo!』~我が敬愛すべき北海道の鱒と仲間たちのことを書こうと思います。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
Links
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<cast-97> ズルい釣り ~ 僕って○○フェチ!?
唐突ですが・・・僕は、時々屈斜路湖の砂湯のキャンプ場に一番近い砂湯北側のポイントと
阿寒湖の硫黄山川ワンドの奥の葦原の先で見掛ける彼らはきっと同一グループなんだろうと
思っています。

この写真、何かおかしなところがあると思いませんか?
a0111917_7385955.jpg

そもそもこの時期、このポイントでそこまで沖に立ち込まなくとも十分に釣れるはずだと巷では
囁かれていますが、実際にその場に立ち合うとなるとね~、ついつい…。気持ち判りますぅ~!
右から2番目の方なんて相当ディープじゃないですかっ!

さて、よ~くご覧ください。湖面に立ち上がって振っているAnglerが一人います。左から2番目。
実際は一番奥になると思うのですが…。
その正体は『脚立』を利用したディープウェーディングということになるのでしょうか。
左から4番目の方のように時折、天座に座り込んで休憩しているところを見掛けると羨ましく思っ
たりすることもあります。

この『脚立』軍団の方々は釧路の方だと思っているのですが、実際のところはどうなんでしょうね。
お住まいも気になりますが、釣果も気になります。そのメリットも教えていただきたいと思って
いたりもします。

僕たちは普段から船やフローターを駆使して、「陸から」というより「陸へ」シュートすることが多い
ので、これまた感覚が少し違ったりします。最近では見様見真似でたどたどしいスペイ技術も
多様したりしているので、実に多くの「ズルイ」釣りを実践しています。
人様のことをどうのことの言える立場ではありませんが、知らないことについては人以上に興味
を示す癖が強いものですから…

全てに共通して言えることは、「より多くの鱒達に出逢いたいが為」だけなんですけどねっ!
a0111917_892420.jpg

こんなに綺麗な尾びれを目指して、今日も明日も振るべし!振るべし!

※最近、尾びれについつい目がイッてしまいます。「尾びれフェチ」ってことなんでしょうか?
 差し詰め人間に例えるなら「お尻フェチ」ってことなのか、「足首フェチ」ってことなのかで迷って
  いたりしています。 そんな僕はまだまだ未熟者です。
[PR]
by kin-ame | 2009-06-24 08:09 | Flyfishing