Angler's Do!
dofishing.exblog.jp

北海Do!より愛をこめて ~     略して『アラDo!』~我が敬愛すべき北海道の鱒と仲間たちのことを書こうと思います。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
Links
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<cast-98> 「な~んてな!」 捧、I.長介
皆さ~ん! 「いよいよ」みたいですね! もしかすると「もう」なのかもしれません!?
年に一時、この2~3週間だけ『棚から牡丹餅』的にやってくるハッピーウィークです。
先々週あたりから徐々にこの兆候の情報は巷に出廻り始め、先週ではスピナーフォール
出るまでに環境が整い始めているようです。

ましてやっと絶好調なお天気&温度共をあしらって大舞台を用意してくれているようです。
あとは何が必要かって?  んーーーーっ??? 『運』ですな!!

なにせハッチやスーパーハッチが出る場所に居合わせなければなりません。
プライムタイムは正味20~30分間程度です。逃せば次の場所へ移動しなければなりません。
燕達が一通り食事を終えた後で、そう煩くない程度に燕が減っていなければなりません。
忘れてならないのが風です。あまり強くてはいけません。吹いても湖面が細波立つ程度。
そもそもは、鱒達が集まる場所に居合わせなければなりません。
Qちゃんが出来る限り居ない場所でなければなりません。

そうそう、仲間が居合わせなければなりません。
勿論、釣りは独りです。全ては自己責任なスポーツです。
a0111917_8405882.jpg

思いのほか大きな鱒を、ライズ共にしこたま想いを込めたフライで掛けたその時にも、
鱒を掛けたは良いがティペットを5Xにしていたことを後悔しつつ、ハラハラしているその時にも、
掛けてやりとりした鱒にジャンプ一発、鰓洗い攻撃をかわしきれずにバラしてしまったその時にも、
バラしたショックか何かは判らないけれど、その場で転倒して「チン」したその時にも、
「チン」して浸水の挙句に、携帯、デジカメ、諸々を水没オジャンにしたその時にも、
どれだけ美しい風景に出逢った時にでも、
深夜、移動の車中で思いっきりバカ話で盛り上がるその時にでも、
そして何よりも、大きな鱒に出逢えたその時にでも、

それらにはいつも仲間とが居なければ、それらは全て味気なく、寂しく、楽しさ半減になってしまう
はずです。 そう、人生には必ずそれが必要なように…

明日の午前4~6時頃、道東の神秘的な湖にそんな楽しい時間がやって・・・くるはずなんです。
狂喜乱舞してモンカゲロウを食い倒すその様は、極まって垂涎モノです。
彼らにとっても至極であるに違いないその瞬間に、まかり間違ってイタい想いをするハメに…

とすると、彼らがこの状態を体現すると差し詰めこんな感じになるのではないでしょうか!?
a0111917_7374398.jpg

な~んてな! 捧、I.長介
[PR]
by kin-ame | 2009-06-26 08:39 | Flyfishing